↓..ロゴクリックでトップページに飛びます..:: 信用実績のアクセス290万件プレヴュー450万件更新中 
ホームMCカートリッジ磁力増強MCカートリッジのパルス・デ・マグネイレース ●◎原因不明のモヤモヤした再生音のニゴリ取ります。
商品詳細

MCカートリッジのパルス・デ・マグネイレース ●◎原因不明のモヤモヤした再生音のニゴリ取ります。

販売価格: 15,000円(税別)
数量:
←ねこちゃんをクリック・こういうのもやってます。

・内部コア帯磁←交流特定電圧・周波数の逆印加で出力ロスを復活します。

・さらに鮮明でダイナミックな音になります。

EMT、ベンツマイクロ、オルトフォン、マイソニック、イケダ、ライラ、フェーズテック・・・etc 何でも御用命ください!

鉄芯、パーマロイ、プラチナ どんなコアでも制約ナシ! 全て対応します。

・コア帯磁←針先掃除のショックや聴取時のレコード面への上げ下げのショックで帯磁してしまいます。マグネットが弱くなったことと同じですから"相対的"に出力もUPします。

:: ::

・テープレコーダーのヘッドの帯磁(S/Nの悪化、再生音のにごり、再録レベルのダウン)はあれほど神経質になっていたのに、フォノカートリッジの帯磁を気にしないのは何故ですか!? どうしてですか??いいんですか!そのまゝで?

これからお伝えしたいことは。。。

巷に流布されているカートリッジやトランスの出力ピンをショートしてレコードを数分掛ければ消磁される・・・などのカートリッジ自体のあまりに弱すぎる出力電圧に頼るようなネガティヴでプラシーボ効果的な方法ではありません。

余計なひとくちメッセージ : (ティアックやソニーのヘッドイレーサーをカートリッジに流用しようとしてもソレはムリですからね。逆に性能劣化確実です)

・申し込み方法:メンテナンス御希望品をお客様...元払い...で送ってください(午前中着)

・支払い方法:銀行振り込み

・当ラボからの返送:クロネコ着払い...で。

・納期:2〜3日

・針先と周辺の清掃もちゃんとします。
-------------------------
パルス・デ・マグネイレース 加工とは・・・・

武蔵野ハイファイ開発・パルス・【DE】・マグネイレーサー+専用ドライブアンプでコイルやコアなど発電部分に帯磁した 「 音を濁らせ活力を失わせる 」 余計な磁気を積極的に完全消磁。

コアへの帯磁は、針先クリーニング時のショックやLP盤に針を下ろしたりする時のショックが積み重なって起きます。出力レベルがダウンしたり、S/Nが悪化したり、音が滲んだりします。

※長く使ったMCはもちろん、最新設計の高価格MCも同様です。

パルス・【DE】・マグネイレーサーは交流(特定周波数)電圧を出力ターミナルから逆印加します。

もう一度お伝えいたします。。。

巷に流布されているカートリッジやトランスの出力ピンをショートしてレコードを数分掛ければ消磁される・・・などのカートリッジ自体のあまりに弱すぎる出力電圧に頼るようなネガティヴでプラシーボ効果的な方法ではありません。

-------- 試聴レポート (1)-----------------

こんにちは。群馬県の林です。このたびは迅速に対応していただき、ありがとうございました。
早速、聴いてみましたが、素晴らしいです。広告宣伝文でおっしゃられていることに同意いたします。曲がフェイドアウトしていく最後までよく聴こえることが非常にうれしいです。

音楽性を感じ取ることが出来ます。アナログサウンドを堪能できます。
これからいろいろと手持ちのレコ-ドを聴いていくのが楽しみです。

素晴らしいサ-ビスをご案内いただいてありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

-------- 試聴レポート (2)-----------------

山口県 長〇様

メールありがとうございます。
送って頂いたエミネントは、今色々セッティングを変えて、試聴中です。
BCの方は、もう一台組むLP12で使用する予定です。

今試聴中のエミネントの方ですが、未だ少しセッティングが中途半端ですが片鱗どころか、とんでもない音が出ています。もしかしたらBCを超えたかも??

最初に音を出したときは、一瞬レコードの回転が早くなったのかと思いました。
反応がもの凄く早くなったからです。きちんとセットアップが出来るように、部品を設計して今は見積もり依頼中です。

セットアップがきちんと出来たら、また印象も変わってくると思います。出力電圧は確実に上がったと思います。

少し出力が上がったようですね。フォノイコをハイゲインにすると少々入力オーバーになるようです。ローゲインにすると音が眠くなるし、少々微妙なバランスになりました。

〜(其の後)

今はローゲインにして、インピーダンスと容量の設定を変えて、対応していますので、何も問題はありません。

-------- 試聴レポート (3)-----------------

・・・島根県・西村様からのお便り・・・

(:電磁メンテナンス済みのルビーカンチレバー)オルトフォンMCコントラプンクトbにプラチナリード線に交換のカートリッジ又、武蔵野フォン管球式電源フォノEQが夕方届きましたありがとうございました。

会議が遅くなり、帰宅後早々にプレーヤマイクロ99V、サエクWE407のアームにプラチナリ―ド線を取り換えたカートリッジに交換し早々音出ししました。

(:メンテナンスに出す前は)少し遠慮がち、引っ込み思案の音、でも、宝石、ルビーのカンチレバーが搭載されていて原点に近い音が、

(:メンテナンス後に戻ってきてから)針を落とした途端(!)

今までの鳴りと違い、藤圭子(名曲100選演歌全集から)のヴォーカルが太く、高域の伸びは、さらにテリがつき、透明かつ明瞭にしなやかに、解像度も見ちがえるように増し以前の音の面影はないように思いました。

音出しが1音上昇し音が躍る、動く、目の前で口を大きくあけながら大きな声で歌うさまが、目の前に見えてくる、透明度の高いメリハリ聞いた音に変身しJBL4338もうまく共鳴しています。

リード線を変えることでこんなにも40万円級のカートリッジ?に変身するのか?…依頼中の(武蔵野フォン/黄金虫)も楽しみにしています。

これも武蔵野ハイファイのみやこさんを中心とする皆さん方の日々の技術力のおかげと感謝しています。

ありがとうございました。とりあえずお礼かねて返事を書きました。

武蔵野フォン管球式電源フォノEQは、依頼中のプラチナケーブル等が届き次第取付し音出しをしたいと楽しみにしています。

・(:  )内、説明補足のため加筆

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
交流 パルス・デ・マグネイレーサー

日々の針先清掃やレコード面に針先を落とすショックや手作業により修理時に起こる帯磁を完全に消すと同時に、

再生音も伸びやかにクリアーに改善されるパルス・デ・マグネイレース。

※ 他の修理工房ではこれをしないので修理しても音が甘くなってしまうようです。

一般市販のカートリッジ用脱磁機は電圧が低すぎて全く効果がないのです。

武蔵野ハイファイ開発・パルス・【DE】・マグネイレーサー+専用ドライブアンプで鉄芯コアなど発電部分に帯磁した 「 音を濁らせ活力を失わせる 」 余計な磁気を積極的に完全消磁。

コアへ帯磁は、針先クリーニング時のショックやLP盤に針を下ろしたりする時のショックが積み重なって起きます。

これらのショックは思った以上に相当なダメージを起こしているのです。

その結果、出力レベルがダウンしたり、S/Nが悪化したり、音が滲んだりします。

パルス・【DE】・マグネイレーサーは交流(特定)電圧を出力ターミナルからパルス逆印加します。

巷に流布されている出力ピンをショートしてレコードを数分掛ければ消磁される・・・

・・・などのカートリッジ自体のあまりに弱すぎる出力電圧に頼るようなネガティヴでプラシーボ効果的な方法ではありません。
(画像をクリックすると大きく見られます)
別途御注文でアルニコマグネットも強くします・・・

パルスで強力磁力UPします。

パルス・リ・マグネタイズ(複雑な形式では一部対応不可品もあります)
----------------------------
磁力UP(パルス・リ・マグネタイズ)低域の分解能アップはいちばんに感じられる事だと思います。

カートリッジの再着磁(パルス・リ・マグネタイズ)は基本的に

スピーカーマグネットの再着磁化と同じですが、ボディの中身が

見えないためにマグネットの角度が分らず、数回角度を変えて

最高のところに持っていかなければなりません。

また、受け入れたMCをそのまま単に着磁するだけでは磁力はUPしません。

いちど、完全にゼロにして無数のSN極のバラつきをリセットして、

(無数のSN極を)一気に、一斉に、真Sと真Nに向かわせます。

その際、指でカートリッジを持っていると、ズシッと衝撃を感じます。

また、再着磁化の後の余分な部位に帯磁した磁力を相殺しなければ、

再磁化の効果が振るわず、そのために試行錯誤いたしました。

※(自社開発:パルス・デ・マグネイレース)で解決済み
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス