↓..ロゴクリックでトップページに飛びます..:: 信用実績のアクセス292万件プレヴュー453万件更新中 
~武蔵野譜音は美しい{自然派芸術主義}ジャポニスムテイストを活かした製品を創ります.....色彩はハーモニー、デザインはメロディ、 立体感はリズム...数あるオーディオメーカーの中でも、鶴が舞うかのようなたおやかな曲線美的彩色音と爆裂する雷鳴音を具象化したのは唯ひとつ武蔵野譜音/ムサシノフォンだけです。武蔵野譜音は低コストで横並びな企画量産・没個性品をマスコミ広告で喧伝訴求する商業モダニズムの道は歩みません~
最新むさしのふぉん -musasinofon- GRAND KINARI  ケーブル...RCAピンも純銅、線材も高純度、シールドも純銅、シースは、無帯電 無添加 無染色 無蛍光 無漂白100%純粋リネン&コットン。
2020年09月07日
.
https://cinecolling.ocnk.net/product/2516

-musasinofon- GRAND KINARI RCA むさしのふぉんグランド生成りRCA

 - Tailleur de luxe - 仕様 

※本品は、とても丁寧に仕上げる Tailleur de luxe (高級仕立て屋)で製作しています。

オールジャンルの音楽を楽しめます。(一般市販品より)Dレンジと静寂性に優れます。

RCAピンも純銅、シールドも純銅、線材も高純度銅。

メッキなし(真鍮)ホスピタルグレードACプラグやコネクターは有るよぅですが、RCAピンプラグやシールドにメッキなし((純銅))仕様は他に存在しません。

線材の種類には様々な伝聞があり、またオーディオ専門誌や研究者の間でも意見は様々です。

例えば、撚り線と単線との比較は判別しやすく、音楽表現が異なります。単線はその素材やgauge =(米国UL規格の)径で音色が変わります。撚り線の芯数でも音が異なります。またケーブルを覆っている被覆(シース)の素材でも音色は大きく異なります。ゴム、シリコン、ナイロン、レーヨン、ビニール、ポリプロピレン、ポリエチレン、シリコン、フッ素、テフロン、昆虫繊維(絹)、天然自然(植物)繊維…色々です。

メーカー側のマテリアル訴求宣伝の一貫で、フッ素やテフロンに(根拠も無く)良いイメージを抱いたりしますが、帯電列のバランスにも着目する必要があります。

本シースは最も音楽表現力の高い、帯電列ゼロボルトの無添加 無染色 無蛍光 無漂白100%純粋リネン&コットン。

帯電列とは;http://www.sci-museum.kita.osaka.jp/~ohkura/seidenki/taidenretu.htm 物体は電気的にみるとプラスとマイナスの電気配列で成り立っています。この電気配列が摩擦などの運動によりバランスが崩れ、電気的に極性が一方に片寄る事を“帯電する”といいます。

静電気は物体によって“マイナス帯電”か“プラス帯電”のどちらかになります。これを表にしたのが帯電列といいます。

① 摩擦帯電・・物体が摩擦しあうことにより起きた帯電。
② 剥離帯電・・接触しているものを剥がすことにより起きた帯電。
③ 接触帯電・・二種類の物質が接触した時に起きた帯電。
④ 誘導帯電・・静電気を帯びている物質が近づくと起きる静電誘導による帯電。

※染色された被覆タイプ(合成石油系繊維)には独特の甲高さと束縛を感じます。化学染色剤にも帯電列が影響しているのです。

化学物質(ケーブルを整形する介在)も排除。使用せず。

形状記憶式で円柱の外被覆を保持。 シース;外径φ9mm×L/R2本

メッキを排した自然な音色と鮮明なエネルギー感を実感できます。

シースの無帯電 無添加 無染色 無蛍光 無漂白100%純粋リネン&コットンは、柔らかくしなやかで、手触りもよく、吸放湿性に優れ、静電気が起きにくい(否、起きない)繊維。 ゆえに石油由来・化学樹脂繊維の特有の±の帯電に偏った非音楽的な強調感や欠落感がありません。

画像は、CDプレヤーとラインアンプを本品でジョイントしています。
MEISTER MUSIC と ALM RECORDS を、基準のソースとして、多く愛聴。

めっきなしでも99.9※※※※%高純度銅は錆びないのです。95%の10円玉の銅とは違います。 純水が腐らないのと似ています。

めっきなしのRCAピンは、金属プラグで覆っていません。 硬い収縮チューブでその役目を担っています。 この部分でも一般的な製品はカラーレイションが大いに加わっていました。

締め付けを上げる金属製コレットチャックも、カラーレイション徹底排除のために用いていません。

金メッキも良さそうですが、巨視的には、数多くのピンホール(微細な孔)が空いており、下地の金属が表面を覆い、徐々に、接触抵抗値も大きく(劣化)なっていきます。

主宰は、京都セラミック(株)で、ハーネス&コネクターの接触抵抗を如何に少なくするかの研究、最初期の光ケーブルコネクター&リセプタクルの開発と試作に携わっていました。納入先のサイバネット工業(株)工場長との交流も長く続きました。(オーディオ研究家のご子息であります)

昇圧トランスやCDライントランスをシステムに挿入すると、特有のナローな束縛された缶詰めサウンドだったのが、本ケーブルによって、それらが消滅して、メディアに記録された演奏に(実演を聴いた後のように)新たに感動してしまいました。

高音楽性トランス(今後に配賦予定をしています)で中継したら、ピアノなど、とても余韻が美しくグランドピアノのスケール豊かな演奏を再現し、感動の波が押し寄せて来ました。弱音、強音の差のDレンジが広くなり、ピアノ独奏の野口雨情「赤い靴」(赤木りえProduceCD)。古典的叙情歌に、これほどの情緒があるとは思ってもいませんでした。

完璧なシールドなので、昇圧トランスとフォノアンプの接続にも、よろしいでしょう。一般的なメッキ加工のシールド式ケーブルとの、大きな差を比較してみてください。

今日は(ウエストレックス)Westrex10A SPU   FR-7  musasinofon ルビー針、ルビーカンチ、パーシモン、ホワイトDIAカンチレバーMCで、LPサウンドを存分に満喫しています。

1mペアを基準として、50cmペアでも受注可。プリとパワー間の数mでも製作可。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス